第11回 日本城郭検定|準1級を受験しました

日本100名城を選定した日本城郭協会が主催する、日本城郭検定を受験しました。

野口
この記事の最後に、城郭検定におすすめのテキストと問題集を掲載しています。ぜひ参考にしてくださいね。
受験した準1級は、武者返級と言われていて、実施回ごとに出題されるテーマがあります。
第11回のテーマは『縄張と城下町』。
準1級は日本100名城だけでなく、それ以外のお城の問題も出題されます。
テーマはあるけれど、つまりすべてのお城が試験の範囲だということ。
まさに熊本城の石垣のように、敵を寄せつけない激しい反りの「武者返し」級の問題です。

日本城郭検定
私が本格的にお城めぐりをはじめたのと同じころ、5年前の2012年から始まったこの検定。
名城があるスポットで試験を開催するのも面白そうで、受けてみようと思うこともありましたが、なんとなく受けずに今まで来てしまいました。

そんな私が、城郭検定を受けてみようと思ったきっかけは、ふたつあります。

ひとつ目は、自分のお城の知識がどれくらいあるのかを、純粋に知りたいと思ったから。
日本100名城をめぐる中で、いろいろな情報をインプットできたけれど、それを自分のものにできているのか、アウトプットできるのかを見極めたいと思ったのです。

ふたつ目は、お城カタリストとして活動をはじめるにあたって、何か目に見える「カタチ」が欲しいという不純な動機。まだ自信がなかったのでしょう。資格というカタチで、自分を評価しようとしていたのかもしれませんね。

城郭検定2級合格

昨年受験した、2級の合格認定証

純粋な気持ちと不純な動機で、初めて試験を受けたのが昨年の秋。
試験は、4級(初級・シロッぷ級)・3級(初級)・2級(中級)・準1級(武者返級)・1級(上級)とありますが、思いきって2級から試験をスタートしました。公式テキストや問題集で勉強しましたよ。おかげでどうにか合格できたけど、これで本当に2級なの?というくらい難しかったな。

そして今年6月には、準1級に初挑戦。ですが、あと4点が足りず……。
続日本100名城選定の記念につくられた「続100名城 手ぬぐい」をお土産にいただいて、帰ってきたようなものです。

そして今回の試験。
集中して勉強する時間はなかったけれど、前回の問題の復習だけはしっかりしました。
すると同じような問題が出題されていたので、前回よりは解答できた実感があります。
結果は年明けの1月中旬以降……。よい報告が出来たらいいな。

試験勉強と思うと堅苦しくて引いてしまうけど、クイズに答えるような感覚で楽しんでできるのが城郭検定のいいところ。
日本100名城めぐりをしているあなたなら、基本のベースはもうすでにできているはずです。
楽しく学んで、お城の新しい一面を発見してみませんか。

野口
第12回の日本城郭検定は、来年の春に開催される予定です。
お城の楽しみの変化形として、城郭検定はいかがでしょう?

日本城郭検定におすすめのテキストと問題集をご紹介!

☆詳しくはこちら→「日本城郭検定の対策に!おすすめテキストと問題集 5選+α」

日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ)
日本城郭協会 福代徹
学研プラス
売り上げランキング: 10,218
日本城郭検定公式問題集 日本100名城編
日本城郭協会
学研パブリッシング
売り上げランキング: 64,608
よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書
加藤 理文
学研プラス
売り上げランキング: 118,860
お城のすべて (学研雑学百科)
学研パブリッシング
売り上げランキング: 35,842
知識ゼロからの日本の城入門
小和田 哲男
幻冬舎
売り上げランキング: 38,850
続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)
学研プラス (2017-12-29)
売り上げランキング: 7,000
日本城郭検定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です