「お城」と「城跡」の違いについて考えてみた

高取城

高取城(奈良県高取町)

先日、奈良出身のラジオパーソナリティーの女性とお会いする機会がありました。
彼女との会話の中で、こんなやり取りがありました。

Aさん:奈良にお城ってありますか?
野口:大和郡山城とか日本三大山城の高取城とか、いいお城がたくさんありますよ
Aさん:う〜ん。でも石垣しかないですよね
それってお城じゃなくて城跡ですよね……(とても残念そう)
野口:ええ。そうですが、城跡ももちろんお城ですよ

彼女の残念そうな表情を見て、「お城ならOKで城跡はNGなのかな。残念だな、すごく。お城も城跡もOKなら、もっと楽しめるのに。もったいないなぁ。」と思いました。
奈良の魅力を発信したい! と話されていた方だったので、余計にショックな出来事でした。

お城って、何だろう?

大阪城

大阪城(大阪府大阪市)

天守のあるお城が「お城」で、天守のないお城は「城跡」であって、お城ではないと考える方は、結構多くいらっしゃいます。
お城といえば天守をイメージするのは、当然のこと。それはそれで仕方のないことです。

けれども、必ずしもお城に天守がある必要はありません。「お城=天守」ではないのです。
天守があってもなくても、「城跡」も、もちろん「お城」です。

乱暴に言ってしまえば、いま日本にあるお城は、みーんな「城跡」です。
なぜなら、いまあるお城は、防衛拠点とか政治的拠点と言うような、お城本来の機能が働いていないからです。言わば「無用の長物」。過去のものなので「跡」です。

それでも。姫路城とか大阪城を、あまり「城跡」とは思いませんよね。
天守があるお城を城跡と思わないのは、きっと、私たちが持っている「お城のイメージ」とぴったり一致するからでしょう。
そして、今でも活発に人の出入りがある「現役のお城」だからなのだと思うのです。

「現役のお城」になるには?

山中城

山中城(静岡県三島市)

たくさんのお城をめぐっていると、お城ごとに管理のされ方が違うことに驚きます。
きれいに整備されているお城は、やはり観光客が多かったり、地元の方に憩いの場所として愛されていたりと、人の出入りがとても活発です。

反対に、山城のようにあまり人の手が入っていないお城は、人間よりも動物に出会う方が多いくらい。
どれだけ人を集めるかが、「城跡」ではなく「現役のお城」と認識されるポイントになるのかもしれません。

お城には、観光の目玉になるだけの価値があると私は思っています。
お城が観光資源だと気づいたなら、お城はもっともっと注目されて、整備や保存が進むのではないでしょうか。

お城が、お城本来の機能を果たしていない無用の長物だとしても、その価値は日本の文化と歴史にとって必要不可欠なものです。
ひとつでも多くのお城が未来に継承されるよう、できる限りの行動をしていきたいです。

野口
今あるお城をひとつでも多く「お城」として認識してもらいたい。その気持ちを持ち続けながら、お城の魅力を発信し続けたいと思います。
山中城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です