二条城|非公開エリアでスペシャルな朝御膳はいかが?

去年行けなくて残念だったあのイベントが帰ってきました!
それは『清流園・香雲亭での朝御膳』。

京都の夏は蒸し暑い! そんな夏本番の7月〜8月に、二条城では、ゆったり城内を観覧できるよう、涼しい朝と夕方の入城時間が拡大されています。
そんな時期に開催されるのが、『清流園・香雲亭での朝御膳』です。

野口
7月1日(日)から9月30日(日)までの期間限定で開催されるこの朝食会は、1日40人だけが味わえるスペシャルな体験です。早めのご予約をオススメします。大切な人と一緒にいかがですか?

清流園と香雲亭

画像提供:京都市文化市民局 元離宮二条城事務所

「香雲亭」は、江戸初期の豪商・角倉了以の邸宅から移築した歴史的な建造物です。
庭園の庭石800個も角倉了以のお屋敷から移したもので、その庭石と全国から集めた名石300個を使ってつくられているのが「清流園」です。

庭園には、日本古来の「おもてなし」の心がつまっています。
眺望する場所から、一番美しい姿で眺められるよう、計算されつくられているのが庭園です。
いつもは立ち入り禁止のため、外側からしか眺めることができない二条城の「清流園」。
本来このお庭は、眺望する場所である「香雲亭」からの眺めのためにつくられたものです。
なので外からでは、庭園をつくりあげた作庭家の「真の狙い」を目の当たりにはできません。

このイベントでは、清流園の「作庭家のたくらみ」を実際に眺めることができます。
それだけでなく、香雲亭に立ち入って、優雅に朝食がいただけるなんて!

この特別感、味わってみませんか?

清流園・香雲亭での朝御膳

清流園・香雲亭での朝御膳の内容は、どのようなものなのでしょう。

朝御膳を提供しているのは、祇園の「京料理いそべ」さん。
京都ならではの食材と伝統的な調理法にこだわる、こちらのお店が提供してくださる今回の朝食は、自家製の生ゆばを使ったお粥と季節の一品がついた「京のゆば粥御膳」です。

画像提供:京都市文化市民局 元離宮二条城事務所 (7月1日〜25日:鱧落とし)

関西の夏といえば、やっぱり「鱧(はも)」。
関東で生まれ育った私は、大阪にお嫁に来るまで知らなかった美味しい食材です。
「季節の一品」が、時期によって変化するのも嬉しいポイント。
お好きな一品を選んで、関西ならではの「夏の食の楽しみ」を優雅な空間でご堪能ください!

【季節の一品】

  • 7月1日〜25日:鱧(はも)落とし
  • 7月26日〜8月16日:加茂茄子田楽
  • 8月17日〜8月31日:鮎の煎り出汁
  • 9月1日〜9月15日:萩豆腐と鱧の吸物
  • 9月16日〜30日:名残鱧と松茸の茶碗蒸し

◆ 清流園・香雲亭での朝御膳:詳しくはこちらをご覧ください

朝食のあとのお楽しみ:今だけの二条城体験

香雲亭での朝食は9:30まで。そのあとはゆったりと二条城を散策しましょう。

野口
朝御膳と一緒に、今だけ体験できる二条城の特別な情報をご紹介します。

「遠侍(とおざむらい)」への特別入室

画像提供:京都市

別名「虎の間」と呼ばれる「遠侍」は、二条城を訪れた大名が、まず通される控えの間です。
虎の絵は、座ったときに目線の高さにくるよう、威圧感を感じるつくりになっています。

そんな貴重な「遠侍」の二の間に、7月4日(水)〜8月6日(月)の期間には、いつもは廊下から眺めるしかできない場所に、なんと特別に入室できるんです!
障壁画の竹林群虎図や天井画・欄間の美しい彫刻がすぐ目の前で眺められる至極のとき。
この期間を狙って二条城に行くのもいいですね。

「二条城障壁画 展示収蔵館」の障壁画原画公開

画像提供:京都市

二条城の目玉でもある、二の丸御殿の障壁画。
実は二の丸御殿の障壁画は、重要文化財の保護のためにレプリカが展示されています。
実物があるのは、別棟の「二条城障壁画 展示収蔵館」です。
こちらでは年に4回、原画を入れ替えて展示されているのですが、これがもう圧巻!
2〜3畳ほどの畳敷きのスペースがあるので、ぜひ座って眺めてみましょう。
御殿の部屋の中で眺めているような臨場感があり、イメージが膨らんでワクワクします。

7月12日(木)〜9月9日(日)の期間は、「松と花鳥〜式台の間,2つの時代の障壁画〜」の開催。
ぜひこちらも合わせてお楽しみください。

◆ 二の丸御殿障壁画原画公開:詳しくはこちらをご覧ください

まとめ

二条城の魅力は、御殿だけでなく、二の丸庭園をはじめとした美しい庭園です。
青々とした緑と水のきらめきを楽しめる夏の二条城も、またオツなもの。
スペシャルな体験とともに、四季折々の二条城をお楽しみくださいね。