岡崎城(愛知県岡崎市)

岡崎城

こちらのページでは、岡崎城の詳しい情報をご紹介しています。

岡崎城は、松平竹千代、のちの徳川家康が誕生したお城として有名です。
復興天守だけでなく、本丸北側にある青海掘と呼ばれる空堀にもご注目ください。
防衛のためにこんなにも深く掘ったのかと驚きます。必見のおすすめスポットです。

竹千代の産湯に使われたと伝わる井戸や、竹千代のへその緒を埋めたと伝わる塚があったりと、家康公誕生のお城だからこその見どころも満載です。

「さくら名所100選」のお城だから、桜と天守の美しい姿を堪能できるのも魅力です。
四季折々の美しさを楽しめる岡崎城へ、あなたも行ってみませんか?

岡崎城の記事一覧

岡崎城のアクセス・観光情報

住 所 〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1 岡崎公園内
電話番号 0564-22-2122
アクセス
(電車/バス)
愛知環状鉄道「中岡崎駅」から徒歩10分
名鉄名古屋本線「東岡崎駅」から徒歩15分
名鉄名古屋本線「岡崎公園前駅」から徒歩10分
「JR岡崎駅」より名鉄バス①または②のりばから「康生町方面行き」
乗車→「康生町」下車→徒歩5分
アクセス
(車)
東名高速道路「岡崎IC」から10分
駐車場 岡崎公園駐車場(24時間営業)
7:00~22:00:100円/30分
22:00〜翌日7:00:50円/30分
※上限1,500円で24時間利用可能
営業時間
休み
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:年末(12月29日~12月31日)
料金
(入城料)
入城料:大人(中学生以上) 200円/小人(5歳以上) 100円
2館共通券:大人(中学生以上) 510円/小人(5歳以上) 270円
ホームページ割引・JAF割引あり→詳しくはこちら
トイレ 天守1階・三河武士のやかた家康館・岡崎公園内(複数あり)
服装・装備
持ち物など
公園なので歩きやすいです
日本100名城
スタンプ
設置場所
天守1階
近くにある
お城
安祥城(岡崎城に移る前の松平氏の居城):7km(車で15分)
吉田城(続日本100名城):約40km(高速道路利用で50分)
関連施設
立ち寄り
スポット
三河武士のやかた家康館:岡崎城との2館共通券あります
若宮八幡宮:家康の嫡男・松平信康を祀る神社。首塚もあります
八柱神社:家康の正室で信康の母・築山殿の首塚があります
グルメ
おみやげ
グルメ:大正庵釜春本店休右衛門(カクキュー八丁味噌直営店)
おみやげ:八丁味噌・二十七曲がりせんべい

おすすめ観光コース

★基本コース:三河武士のやかた家康館〜岡崎城

★オプション:

岡崎城の構造:基本データ

岡崎城縄張図

ちえぞー!城行こまい より

別 名 龍城(りゅうじょう)
築城年代 康正元年(1455)ごろ/天正19年(1591)
築城者 西郷稠頼・頼嗣親子/田中吉政
主要な
城 主
西郷氏・松平氏・田中氏・本多氏・水野氏・松平氏
形 態 平山城
縄 張 梯郭式
天守の
分類/構成
層塔型天守 3重5階/式
昭和34年(1959)に鉄筋コンクリートで再建される
天守の
種 類
復興天守
遺 構 青海掘(空掘)・石垣・板谷門跡
復元状況 天守・大手門・東隅櫓
文化財の
区分
市指定文化財
見学時間
の目安
1時間〜2時間
三河武士のやかた家康館に入場するならば2時間は必要。
家康館の展示は充実していて、内容満載です。

おすすめ情報サイト

岡崎城にまつわる「日本城郭検定」の問題

1. 徳川家康(松平竹千代)が生まれた城はどれか。(第1回3級)(第5回3級)

答:岡崎城

2. 城から八町離れた村で作られたのが八丁味噌の語源とされているが、その城は何城か。(第5回3級)(第7回3級)

答:岡崎城

3. 東海道が城下に入る道を防御のために曲げて作り「二十七曲り」の碑がある城下町はどこか。(第4回2級)(第5回2級)

答:岡崎

4. 2016年、城の南側を流れる、川の河川敷を造成中に江戸時代前期に造られた直線の石垣が発見された。表面は「すだれ仕上げ」と呼ばれる線状に削って化粧加工されており、幕府の威光を示した城とされる。その城はどれか。(第10回準1級)(第11回準1級)

答:岡崎城

岡崎城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です